土地家屋調査士業務

土地家屋調査士の業務内容

  • 不動産の表示に関する登記に必要な土地又は家屋に関する調査及び測量・図面作成をすること
  • 不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること
  • 不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること
不動産登記には表題部(表示に関する登記)と権利部(権利に関する登記)があり、土地家屋調査士は表題部の登記申請手続きを行います。(権利部の登記申請手続きに関しては司法書士が行います)

土地の調査・測量および登記に関する業務

隣接する土地や道路などとの境界をはっきりさせたい場合や土地の正確な面積を知りたい等、土地に関する調査・測量を行って確定する作業や、必要に応じて登記手続きを行います。

土地について こんな時、ご相談ください

  • 境界確定測量・・・土地の境界をはっきりさせ、確定したい時
  • 土地表題登記・・・国や地方公共団体から払い下げによって土地を取得した場合など
  • 土地合筆登記・・・2つ以上の土地を1つにしたい時
  • 土地分筆登記・・・土地を分けたい時
  • 土地地目変更登記・・・田や畑を宅地などに変更した時
※その他、土地の調査、測量、境界確認などについて、お気軽にご相談ください

建物の調査および登記に関する業務

住宅やマンションなど建物を新築した場合や未登記の建物、増築や取り壊しを行った場合に必要な登記手続きを行います。

建物について こんな時、ご相談ください

  • 建物表題登記・・・住宅やマンションなどを新築した時
  • 建物滅失登記・・・住宅やマンションなどを壊した時
  • 建物表示変更登記・・・住宅を増築または一部取り壊した時
※その他、建物の調査、登記に関することなど、お気軽にご相談ください
境界標はあなたの土地を守ります
土地家屋調査士にお任せ下さい
境界問題相談センターやまぐち

◆境界問題相談センターでは、弁護士と土地家屋調査士が境界問題解決をサポートします。

↑ページトップ